こんにちは。



唐突ですが、ギターアンプ、みなさんは何がお好きですか。
僕は基本的にはジャズコーラス、JC-120を使ってます。

・ほぼ全てのスタジオ、ライブハウスに常設されている
・JC-120のクリーントーンが好き
・エフェクターを合わせやすい
などが理由です。

ジャズコのクリーントーンが好き→なので歪みは足元で作る→エフェクター合わせやすくてステキ!

という、幸せなスパイラルです。


一方、僕が愛用してやまないエフェクター、Zoom MS-50G(マルチストンプ)。

これには各種アンプシミュが搭載されていますが、残念なことにJC-120のモデリングは入っておりません。
MS-50Gの上位機種で、Bluetoothでエフェクトユニットを追加できるMS-100BTでも、追加可能エフェクトにはジャズコがありません。



そりゃそうですよね。ZoomとRoland、競合他社ですし……



自宅で設定を詰めてスタジオで。という流れを考えると、ある程度までは自宅で完結させておきたいところです。
リハスタでは自分だけの作業に時間を使いたくないので。



そこで、「MS-50Gで疑似ジャズコを作れないものか」と思った次第です。



MS-50Gにはデフォルトで「Whip Clean」というパッチがあります。
取説によりますと、Michael Wiltonさんが「このパッチは私が使っている Roland JC 120をイメージして作成した。」とのことです。
Michael Wiltonさんは、アメリカのクイーンズライクいうバンドのギタリストさんとのことで。



今回は、この「Whip Clean」を元に、MS-50Gで疑似JC-120を作ってみたいと思います。



まずはWhip Cleanの解析から順に進めていくとします。



----
1. エフェクトユニット構成

Whip Cleanのエフェクトユニット構成は以下のとおり。

ZNR(ノイズリダクション)
COMP(MXR Dynacomp風のコンプ)
Detune(変調感の少ないコーラス)
FD COMBO(Fender Twin Reverbのモデリング)
Delay

----
2. 各ユニット設定

各ユニットの設定値は以下のとおり。

2-1. ZNR
(Page 1)
 THRSH 8
 DETCT GtrIn
 LEVEL 100

2-2. COMP
(Page 1)
 Sense 4
 Tone 6
 LEVEL 100
(Page 2)
 ATTCK Fast

2-3. Detune
(Page 1)
 Cent 8
 PreD 0
 Mix 50
(Page 2)
 Tone 8
 Level 100

2-4. FD COMBO
(Page 1)
 Gain 20
 Tube 96
 Level 70
(Page 2)
 Trebl 70
 Middl 35
 Bass 40
(Page 3)
 Prese 60
 CAB FD COMBO 2x12
 OUT LINE

2-5. Delay
(Page 1)
 Time 600
 F.B 30
 Mix 20
(Page 2)
 HiDMP 10
 P-P MONO
 Level 100
(Page 3)
 Tail OFF

----


ざっくり言語化すると
・コンプはやや浅めに。
・アンプシミュの前にデチューン(変調感の少ないコーラス)を置いて、ジャズコ特有の「ふわっ」とした感じを作っている。
・アンプシミュはツインリバーブ。トレブル上げて、ミドルとベースは下げて。
・ノイズリダクションはおまじない。ディレイはお好みで。
というところでしょうか。



弾いてみたところ、やはり僕がイメージするジャズコとは少し違う感じがありました。
当然当然。十人十色ですので。



僕の好みと違う点は

・コンプのかかりがきつい
コンプがちょっと耳障り。
これは弾き方に起因しているかもしれません。僕はとにかくピッキングが強いので、コンプ感も目立つのかもしれません。

・デチューンが少しわざとらしい
これはJC-120内蔵コーラスをONにした効果を狙ったものなのかなとも思いましたが、でもそれならMS-50Gに内蔵されてる「VintageCE」を使った方が、とも思いますので、やはりジャズコクリーンのふわっと感を狙ったのかと。であればやはり、少しわざとらしいように感じました。



次回は、このWhip Cleanをちょっと調整していきます。



…ご清聴ありがとうございました。