2014/11/24(月祝)、南堀江Knaveでの「鳥獣ギガ」というアニソンライブイベントに、僕のバンド「ノセライブ!」で出演します。



できればその日までに新兵器を投入できるよう整えていきたいのですが、なかなか難しい昨今。
新兵器といえば先日ここにも書いたスイッチャ―(Noah'sark TBSW)なんですけどね。

0b0f3dfa.jpg



スイッチャ―をちゃんと仕込もうとすると、パッチケーブルが大量に必要になって、これに腐心しております。
4つのループへのINとOUTで2本ずつ、計8本。
「8本で大量なのか」と言われそうですが、一気に支度するとなると、これがこれでなかなか…



さんざん考えた結果、既製品を購入するよりも自作した方がいいかなという結論に達しました。
金銭的にも安く上がって、望みどおりの長さやのケーブルを作れるのでボードがすっきりしたり、というメリットをチョイスしました。

いずれ作ります。またレポします。



新兵器といえば、あともう一つあるんです。



こちら。



8a821918.jpg


ZOOM MultiStomp MS-50G、なんですね。



ざっくり紹介すると、コンパクトエフェクターサイズのマルチエフェクターです。



コンパクトサイズということで操作性を気にしておりましたが、同じメーカーのG1Xonを持っているので、難なく使うことができました。
ただ、エフェクトチェインの流れがG1Xonと反対だったので、そこだけ面喰いましたけど。

G1Xは左から右。という、理屈で認識する流れ。
MS-50Gは右から左。という、コンパクトエフェクターの物理的イメージで認識する流れ。
なんですね。



こいつをスイッチャ―の最後尾に仕込んで、曲中で必要なパッチに切り替えて待機させておいて、スイッチャ―でON/OFFしてやる、という算段です。

今のところ考えているのは、リード用のブースターや、飛び道具です。

歪みを入れてブーストさせたり、アコースティックシミュレーターでアコギソロを入れたり。
またはオルガナイザーやフランジャーの飛び道具を仕込んだり。

夢は広がりますねえ。



…ご清聴ありがとうございました。