JOYO Sweetbaby Overdriveが使えないので、ライブに向けてエフェクターを調達しないといけません。
いけません。
いけませんよね。



「いや、マルチ使えよ」と思った方、正しいです。正常です。



「コンパクトを使わなければいけない」という決まりなんてないんです。
しかし盲目です。
僕はもう、コンパクトの森に迷い込んでいます。



某SNSでちょっと嘆きを漏らしたところ、周囲の暖かい救いの手が。
友人所有のエフェクターたちを弾き比べして、好きなものを貸してくれるとのお誘いにありがたく甘えて、試してきました。
ラインナップはこんな感じです。



ff0bc797.jpg




業が深い一枚ですね。
一時間半に及ぶ試奏大会の末、最終的に僕がお借りしたのはDigitech BAD MONKEYと、同じくDigitech HOT RODでした。

65c8a72f.jpg




HOT RODはメインの歪みとして使うつもりです。GAINは控えめにして、テレキャスのトレブリーな旨味を活かしたいところ。
BAD MONKEYはブースト用途。音量をガツンと上げて甘味を少し付けた感じが気に入りました。



ライブ当日のセッティングは、以下のとおり。



BOSS LMB-3 → Digitech BAD MONKEY → Digitech HOT ROD → zoom G1Xon
(当日のアンプはYAMAHA)

26495b5d.jpg




LMB-3でクリーントーンの輪郭を作り、HOT RODでメインの歪みを作り、BAD MONKEYでブーストさせる。
という手順でセッティング。
G1Xonはコーラス兼チューナーです。コーラスはBOSS CH-1を選択し、薄くかけっぱなしにしてました。



おかげさまで、ライブはなんとか乗り切ることができました。


今回HOT RODというディストーションを使ってみて、JOYOなどのオーバードライブにはない味の歪みを体験し、そこから話はまたふくらんでいってしまうのですが、それはまた別の機会に。



今日、友人にこの2台を返しに行くので、お礼がてらまとめました。



お礼と言えば、別のお礼も。



ライブ当日、別の友人から、これをいただいてしまいました。



c30d3afb.jpg




エフェクターボートです。
ですよねー。エフェクターの数も増えてきましたし、ありがたいですよねー。



なぜか、周囲が加速度的に僕を深い森へ追い立ててゆく。



…ご清聴ありがとうございました。