前回は、ネット(網)でエフェクターボードを作ろうと思ったのですが、エフェクター配置位置の自由度の低さと、まあまあサイズが大きくなってしまうことがわかったため、断念しました。



今回使用するメイン素材は「まな板」です。
木製でもいいんですけど、プラスチック製の小さいサイズのものを買いました。
このまな板に穴を開け、結束バンドでエフェクターを固定する、という基本設計です。



では、以下、工程です。



1. 下準備

まず、エフェクターの配置を決めます。
結束バンド固定ですので、決心がついていないうちは作れません。
今回は、こういう配置にしようと仮組み。

BOSS LMB-3 → JOYO Sweetbaby Overdrive → Danelectro FAB Overdrive

31b16738.jpg




パッチケーブルをつないでみて、結線状況の確認をします。
僕が持っていたCLASSIC PROのパッチケーブルは材質が硬かったので、FAB Overdriveへ入れるケーブルが、エフェクター本体を押し出してしまう状態。無理な恰好に固定するのはケーブルへのダメージも心配になるので、ここだけ柔らかいパッチケーブルを使うことにしました。

044af8b2.jpg




2. まな板に穴を開ける

BOSSとJOYOは四角いカタチなので、結束バンドで固定する位置を決めやすいです。
まな板に結束バンドが通る位置を、マジックペンでマーキングをします。
写真では非常に見づらいですが。

38d3866b.jpg




マーキングしたところに穴を開けるためのドリル登場。
最初は付属の一番細いものを使って穴を開けましたが、結束バンドって案外太い、というか幅広ですので、ビビらずに太いドリルを使いましょう。

d17e5e9b.jpg




ドリルで穴あけした裏面にバリが残ったため、一応サンドペーパーでならしておきました。
気分と性格の問題です。

3b714659.jpg




3. エフェクター固定

まず、BOSS LMB-3を結束バンドで固定しました。
手元のバンドが短いものしかなかったので、2本を継いで使用しました。
始めからバンドを継いでしまうと、固定にも強度にも不安定ですので、

一本目を裏面へ通して表に出す→結束バンドを継ぐ→エフェクター固定

という手順だといいかと思います。

e0f596b1.jpg




同様に、JOYO Sweetbaby Overdriveも固定。
余った結束バンドはペンチでカットします。
四角いエフェクターは、固定しやすくて良いですね…

893380d3.jpg




Danelectro FAB Overdrive は、丸っこいので結束バンドで固定できないかと思い、遊ばせてあります。

01c28fc1.jpg




エフェクター間をパッチケーブルでつないで、電源もつないで、これでほぼ完成です。
余った電源ケーブルも、結束バンドでまとめ、さらに結束バンドでまな板に固定しました。
ノイズ?気にしません。

db468902.jpg




4. さらにひと手間

これでもう完成なのですが、ひと手間かけます。
まな板ボードは裏面がつるつるなので、いざ使用してエフェクターを踏んだ際に位置がズレるという問題があります。
また裏面は、結束バンドがむき出しなので、床面を傷つける恐れもあります。



取り出したるはこの「滑り止めマット」。
エフェクターを踏んだ時にボードが滑らないように、裏面に貼り付けます。

安物ボードですが念のために。

440ce34a.jpg




滑り止めマットを、だいたいの大きさにカットします。

a720a9a2.jpg




ガムテープとセロテープで固定します。
当初はガムテだけで固定するつもりだったのですが、片方を貼った時点で使いきってしまったので、急遽セロテープで代用しました。

滑り止めマットは、何で固定するのがベストなのか決めかねていたので、まあ、試験です試験。

3e292d53.jpg




5. これで完成

これで「100均グッズまな板エフェクターボード」の完成です。



なんと、B4の書類ケースにそのままスポン!と収納できます
書類ケースは手近にあったものを使ってみました。当然、安物です。

de24a519.jpg




6. まとめ

ネットボードに感じたエフェクター配置位置の不自由さは、ほぼ解消されます。
電池運用さえしなければこれでよし。
今回は、たまたま電源分岐ケーブルを譲ってもらえたので、まな板ボード作成に踏み切りました。
一度スタジオで使用しましたが、滑り止めマットがかなり有効でした。ガツンと踏んでも、びくともしません。

材料費は、まな板、結束バンド、滑り止めマットで、税抜き300円でした。



ライブが近いこともあり、エフェクターの試奏音源とかで書けてないですね…ご清聴ありがとうございました。