以前の記事で紹介した、Danelectro FAB Overdriveの音源です。



購入当時は知識も技術もなかったので、こいつの能力をちゃんと引き出してやることができませんでした。
しかしあれからもう7年。昔とは違う…という思い込みでもって、音を出してみます。



【環境】
PLAYTECH TL250→Danelectro FAB Overdrive→zoom G1X(Amp Sim)→YAMAHA MW8C(オーディオIF)→PC
* G1Xはフェンダーツインリバーブのモデリングを使用。ノーゲイン、EQは50でフルフラット。



今回、このブログ用の音源を録るにあたり改めて弾いてみたんですが、いい意味で予想を裏切られた、という結果でした。
購入当初の記憶は、どうセッティングしても音が細くなったり、ノイズが乗ったりというイメージしかないんですが…
わりと低音もしっかり出ているなと。
当時とはギターも違いますしね。見直しました。



シャリっとした感じが好みなので、ローゲインの音ではTONEを上げ気味にしています。
ミドルゲインとフルゲインは、まずDRIVEを決めて、それに伴いTONEをちょいと絞る方向です。

・ローゲイン




・ミドルゲイン




・フルゲイン




…ご清聴ありがとうございました。