2006年ぐらいにやっていたバンドでは、コンパクトを使っていました。

当時はまだGT-6を持ってなくて。
G2.1uは持っていたのですが、ライブで使うのは僕のキャパオーバーなので、手持ちのコンパクトと、プラスアルファでまかなおうかと。



当時の機材は…

・Danelectro FAB Drive
0a2392f1.jpg


・BEHRINGER GDI21
68830b31.jpg


持ってたのはこれだけ。実際、当時のバンドではこれで足りてました。



当時のセッティングは、こうでした。

ギター Danelectro DC56U2
59f29a11.jpg

 ↓
Danelectro FAB Drive
 ↓
BEHRINGER GDI21
 ↓
アンプ Marshall JCM800

アンプは少し歪んだクリーンにして、GDI21でメインの歪みを作って、必要に応じてFABでブースト、という使い方です。「クリーン」「歌いながら弾く時の歪み」「ギーソロ時の音」が出せればOK、というセッティング。

手持ちの機材で出せる音を使う、という感じ。



それ以降のバンドではGT-6を導入してます。
GT-6使用期にやったバンドで欲しかった音は、以下。

・クリーン+ピッチシフター(1オクターブ上)
ディレイの有無で2種。コーラスかけて。
・OD+ピッチシフター(1オクターブ上)
・ディストーション

というセッティングのバンドをやったり

・クリーン
ディレイの有無で2種。
・歪み
OD-1系とTS系で2種。
・リード
プリセットをほぼそのまま使用。マーシャル系だったような気がする。
・トレモロ
・ワウ
・ワウ+フランジャー
・アコシミュ
フランジャー使用時以外はコーラスとコンプかけっぱなし

というセッティングでライブしたりしてました。

後者はもう、僕レベルの技量だと、マルチでないと無理。
しかもトレモロは、曲終わりの白玉にしか使ってません。リードだって2小節だけ。
コンパクトでは、どうやってまかなえばいいのか見当もつきません。セッティングもコストも。



で、コンパクター熱ふたたび、な現在は…

・Mooer Blue Comp(コンプ)
e747aff1.jpg


・JOYO Sweet Baby Overdrive(オーバードライブ)
e481e825.jpg


・ARION SCH-Z(コーラス)
d6e56247.jpg


を入手。

全て、同じタイミングで友人が譲ってくれたものです。
一気にこれだけそろったのが、コンパクト熱を再び上げるきっかけになりました。



セッティングは試行錯誤中なんですが、

ギター PLAYTECH TL-250
d65fa2e4.jpg

 ↓
BEHRINGER GDI21
 ↓
JOYO Sweet Baby
 ↓
ARION SCH-Z
 ↓
アンプ Roland JC-120

に落ち着きそうです。

アンプでクリーンを作って、ARIONのコーラスで味付け。
メインの歪みをJOYOで作って、ブーストはBEHRINGERで。
最後に歪みにコーラスかけてみて微調整。
ていう感じのセッティング手順になるかなあ。



せっかくもらったのに、Blue Compは、扱いが難しい…ご清聴ありがとうございました。