3/12(土)
・SWIZ!
どんな状況でもマイペースで突っ込んでくる、トップバッターうってつけのバンド。
Vo ペテンの妙なカリスマ性と空転っぷりが見物。
毎回驚愕の安定感を誇る、Gt 瀬戸さんのコスにも期待。

・ラングレー堂
完全バンドスタイルも板についてきたラングレー堂。
Vo あかやの超絶ボーカルはもはや貫禄。若いのに。
ステージをあちこちと走り回るGt タカオミは、もはやサポートギタリストの域を軽く超越している。

・にーにーのさみしさを埋める作業
ダッシュfinalのために集まった4人の益荒男たち。
ギタボ にーにーの気持ち悪さに絶大な期待。

・牡丹
おなじみ女装歌手 牡丹。
そのオンリーワンなステージは語る言葉を持たない。ただ感ずるのみ。

・幼女概念ズ
実に久しぶりのライブ。石鹸屋オンリーでガツガツと攻め込む。
Vo ゲリヲンのオーラあふれるステージ。

・SGT
ダッシュでしか見られないよこのバンドは。
パワー、スキル、エンターテイメント。全てを兼ね備えた3ピースHRバンド。

・ニートルズ
ポップでキャッチーでパワフルでフレンドリー。
王道を突き進む、ダメでロックなバンド。働けニート。


3/13(日)
・Takashi
ひとりぼっちの弾き語り。だがパワーの裏から人柄がにじみ出る。
ほんのり聴いてちゃもったいない。熱くなろう。

・イケメンズ
ぶっちゃけビジュアル「だけ」のバンド。
イケメンはこれだから得している。

・Janre Da Ans
キチ○イ炸裂。
乗り遅れないようにだけ心がければ、あとは彼らがいい気持ちにさせてくれる。

・らいおん!
とにかくかわいいギャルバン。
ライブを見おわった後、客の間で推しについての議論から殴り合いに発展すること必至。

・あなご@メイト
「究極の無毒」という形容を捧げる。
見た人みんなが幸せになるバンドって、こういうバンドのことだ。

・自宅防衛軍3
死にたくないヤツはガスマスクを装備せよ。
ガス中毒になりたいヤツは生身で体験せよ。

・大阪民国首都岡山
スピード、エモーション、テクニック。
バンドでダメやるってのはこういうことだ。