みなさまこんにちは。ようこそnosep.netへ。
ワタクシがのせたけしです。

何をしている人かというとですね。

・ダメ系のライブイベントを主催したり
・ダメ系の曲を弾き語ったり
・ライブってこうだろjkとか言ってみたり

しています。
大阪にANISONic Maniaというオールナイトのダメ系ライブイベントがあるのですが。
そこ生まれそこ育ち(頭が)悪い奴はだいたいトモダチ。
です。



略歴的につらつらと書いていきます。


■ バンド(ダメ系)
・瑛里&ザ・バイブレーツ
ANISONic Mania vol.1に出演。ベースで参加。
当時持っていた自前のプレベを友人のバンドに貸していたため、どう間違ったか借り物のフレットレスを使用。
フレットレスのうまみを皆殺しにするプレイで、「これが個性だ」と言い切る。
このイベントを境に、人生がズレる。

・違法電波
ANISONic Mania vol.3に出演。ギターボーカルでバンマス。
男のみスリーピースでUNDER17をやるっていうバンド。
コンセプト的には大好きなんだけど、演奏面で詰めが甘かった。
ANISONic Mania vol.3終了をもって解散。

・ジャイアンズ
ANISONic Mania vol.9に出演。ドラムでアレンジャーでたぶんバンマス。
本名が「たけし」な3人の、ドラえもん曲オンリーバンド。
ANISONic Mania vol.9終了をもって活動停止。

・e'X(サポート参加)
一回だけ、サポートでドラム叩きました。

・オープンβ(サポート参加)
フレンドリーなゲームミュージックインストバンド。
サポートドラムとして参加。
ダッシュ!!!に出演。

ひとつのバンドを長く続けることにこだわらない、というか一発物のバンドを組むのが好物です。
一度きりの爆発に全てを賭けるのが好きなんです。


■ 弾き語り(ダメ系)
・ソロ
2007年2月ぐらいから、毎週金曜日に日本橋オタロードで路上弾き語りを開始。ダメ系楽曲のみ。
「痛い大人、居てます。」をキャッチフレーズに一年半ほど活動を続ける。
3曲入りのアニソンカバーCD「がまんくらべ」を制作し、路上で無料配布。
開始から一年は機嫌よくやっていたが、徐々に地下アイドル崩れやオタロードでやる必要のない奴らがデカい顔と音量で路上を始めるようになり、そのとばっちりで自身の路上活動にも警官さんが来るようになり、ほとほと嫌気がさして活動終了。
今でもあいつらとオタロードには近寄りたくないという、ヒネた大人になってしまう。
この時期にダメ系に関わるスタンスが決定づけられたという、愛憎入り混じった重要な時期。
路上活動終了後は、活動場所を各地のライブハウスに移す。
ダメ系に関係ないライブにブッキングしてもらって、超アウェイの環境でライブするのが大好物。
お客さんほとんどノンケのライブでも「この曲知らんヤツはもう帰れ!」と言ったりしてしまい、始末が悪い。
最近は活動自粛中。

・マイ☆たけ
ANISONic Mania vol.3から始まったアコースティックステージに出演するべく、マイヤーさん(当時e'X)と組んだ急造ユニット。

・エロス中年
同時期にオタロード路上活動をしていた、たろさんと組んだユニット。
ギャルゲ曲、エロゲ曲、萌えアニメ曲が中心なのだが、歌もギターもなぜか湿っぽいのが特徴。
代表曲は「女々しい野郎どもの詩」(ときめきメモリアル バッドED曲)。
南家の長女と向坂家の長女をめぐり、二人の仲が修復不可能になり、2009年3月解散。


■ ダメ系イベンター
・ANISONic Mania
オールナイトアニソンライブイベント。
vol.3~6までの代表主催。
この時代に現在の基本形ができたと自慢していて、とてもウザい。

・日本橋オタアコ倶楽部
これまでに2回開催。
ANISONic Maniaのアコースティックステージだけを抽出した、アコースティックダメ系イベント。
出演者不足と主催者の怠慢により、現在自然凍結中。

・ダッシュ -Dame Anime Song Hackers -
祇園SILVER WINGS協賛で始まったダメ系ライブイベント。
現在ではSILVER WINGSのシリーズイベントとして扱っていただいている。
ANISONic Maniaや、他の大阪・首都圏イベントとは違い、純ダメ系ライブよりもカスれた出演者が特徴。
必ず一組は「こんなんアリか」ってところが出ています。


■ その他音楽活動
島田角栄監督とのつながりで、たまに映画音楽を作ったりしてます。
「電撃BOPのセクシーマザーファッカーズに!」 音楽監督、作曲
「DESTROY VICIOUS」音楽監督



こんな具合かなあ・・・